しつこい肝斑を消す|安全で綺麗な形に整える豊胸手術|注射器の利用で傷跡の心配も不要
医者

安全で綺麗な形に整える豊胸手術|注射器の利用で傷跡の心配も不要

しつこい肝斑を消す

ウーマン

治療を諦めてはいけない

女性にとって永遠の悩みにさえなるシミは、皮膚の内部にメラニン色素が定着することで起こります。しかし、シミとはいえひと言で言えるものではなく、様々な部位に発生して褐色や黒色に染まります。これらは全て同じものではなく、そばかすや脂漏性角化症、肝斑などと呼ばれることになります。肝斑は30〜40代の女性に多く発生する薄茶色のシミで、日頃のスキンケアでも取り除くことのできないしつこいものとしても知られているのです。通常のものとは異なるので、セルフケアでどうにかすることは難しく、通常は皮膚科といった病院でのシミ治療を選択することになります。皮膚の内部に存在する色素であるため、シミ治療はすぐに結果が出るというものではありません。しかし、確実に薄くすることは可能なので諦めずに続けていくことが重要となります。

治療の種類は

シミ治療には多くの方法が用意されていて、内服薬に加えて美白外用薬、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリング、ビタミンC誘導体などを使用します。通常は単一での治療ですが、中には複数の方法を合わせて行うこともあるようです。しつこい肝斑にはレーザー治療の効果が薄く、さらにケミカルピーリングでも落とすことができません。そのため、色素沈着抑制作用のあるトラネキサム酸にビタミンC誘導体やハイドロキノンを組み合わせます。肌のターンオーバーによって色素を排出させるのが基本ですが、中にはレーザーによって色素を破壊して薄くしたあとにターンオーバーで排出させるという手法もあるようです。シミ治療は1ヶ月ほどで効果が目に見えてきますが、完全に消えるというのは難しいので、時間を空けて何度か繰り返すことが多いようです。